病院を探す
IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

たべものガイド

IBD(炎症性腸疾患)患者さんのための
おなかに優しいおいしい食事

炎症性腸疾患患者さんの体調管理には、日々の食事のケアが大切ですが、食事制限があるために、「普段どのような食事をすればよいのか」「毎食の準備をどうするか」などお悩みをお持ちの方や苦労される方も多くいらっしゃいます。
ここでは、そんな患者さんの日常の悩みに寄り添い、食事のポイントをレシピやメニューと共にご紹介いたします。

動画で解説!炎症性腸疾患と食事

炎症性腸疾患は、消化器に障害が起こる病気であるため、腸に負担をかけない食事を心がけることが大切です。
症状が悪化しているとき(活動期)の適切な食事や症状が落ち着いている寛解期でも気をつけておいた方が良い食事について動画でご紹介いたします。

【監修】佐賀大学医学部内科学講座消化器内科 教授 江﨑 幹宏 先生

動画を見る
IBD(炎症性腸疾患)患者さんの食べたいを叶えるおいしいレシピ

お腹の調子を保つためには、低脂肪・低刺激の食事が基本とされていますが、そんな制限があっても食事はおいしく、楽しくしたいもの。
ここでは「食べたいけど病気だからと諦めている」という声が多いメニューや、食卓を彩ってくれる一品など「食べるのが楽しみ」になるようなレシピをご紹介します。ご家族の方も一緒に楽しんでいただけるメニューばかりです。

おいしい健康管理栄養士:北村文乃

レシピをチェック

シーン別1日の食事の工夫

日々の暮らしの中では、「友人との飲み会」や「仕事での会食」など外食の機会もあれば、「今日は家族と一緒に楽しめて食べ応えがある食事をしたい」という日もあるでしょう。 ここでは、日常に見られるシーンごとに、1日の食事の工夫をご紹介します。IBD患者さんが食事を楽しめるよう体調を考慮した、朝・昼・晩の食の選び方・過ごし方をご紹介します。

おいしい健康管理栄養士:北村文乃

IBD(炎症性腸疾患)患者さんに外出する楽しみを

おでかけメニュー

おなかに優しい安心・定番の外食のメニュー選びのポイントとコツをご紹介!おでかけ時にご活用ください。

おいしい健康管理栄養士:北村文乃

おすすめの外食メニューをチェック
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る