IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎、クローン病と共に歩む

IBD患者さんのためのたべものガイド

食事を工夫しよう

おなかに優しいおいしいレシピ
ツイート SHARE ラインで送る レシピを印刷する トイレ検索

クリーム系はハードルが高い。でも食べたい!をかなえる おなかもこころも大まんぞく!トマトクリームパスタ

おなかもこころも大まんぞく!トマトクリームパスタ
栄養士のおすすめポイント

脂質は低いのにうま味がたっぷりのホワイトシチューを、トマト味にアレンジ。

栄養価(1人分)

エネルギー 432kcal たんぱく質 20.0g
脂質 4.0g 炭水化物 83.8g
糖質 76.3g 食物繊維 7.5g
食塩相当量 3.7g    

材料(2人分) 使用量

<A.トマトクリーム>
 
 まんぞく君ホワイトシチュー
360g (2袋)
 トマトジュース
160g
 トマトケチャップ
15g (大さじ1)
 塩
2g (適宜)
 パプリカパウダー
0.02g (適宜)
 赤パプリカ
20g
 玉ねぎ
30g
<B.パスタ>
 
 乾燥パスタ(タリアテッレ)
160g
 塩
1.0g (適宜)
<C.飾り>
 
 赤パプリカ
20g
 黄パプリカ
20g
 ピーマン
20g

手順

  • <A.トマトクリーム><C.飾り>
    Aの赤パプリカと玉ねぎをみじん切りにし、ふんわりラップをかけて電子レンジで加熱(500Wで40~50秒程度)。
    *この際に、<C.飾り>の赤パプリカ、黄パプリカ、ピーマンをみじん切りにし、別の器にとっておく
  • まんぞく君ホワイトシチュー、トマトジュース、トマトケチャップ、①をミキサーに入れ、お好みのなめらかさにする。
    *具材がゴロゴロのままでもOK。
  • ②を温め、塩を加えて味を調える。
    *温め方法は鍋でも電子レンジでもOK
  • <B.パスタ>
    鍋に塩を入れ、パスタをお好みの固さに茹でる。
    *パスタの種類はお好みで変えてください。フィットチーネやタリアテッレがおすすめです。
  • ③と④をお皿に盛り付け、①でとっておいた飾りを上から散らし、完成。

エームサービス株式会社からのコメント

「クリーム系はハードルが高い。でも食べたい!」というIBD患者様の一言を参考に、「まんぞく君」のホワイトシチューを使ったパスタソースを作りました。脂質は低いのにうま味がたっぷりのホワイトシチューを、今回はみんなの大好きなトマト味にアレンジ。ミキサーでなめらかにするとクリーム感を、混ぜるだけならゴロゴロ感を味わえます。ソースを冷製にし、パスタをカッペリーニに変えることで暑い夏もおいしくいただけます。
※エームサービス株式会社の潰瘍性大腸炎・クローン病患者さん支援の取り組みはこちら

斎藤恵子先生のワンポイントアドバイス

まんぞく君シリーズは炎症性腸疾患の患者さんが安心して食べられる料理をいくつもだしています。簡単なアレンジでいつもと違う味が楽しめるのはうれしいですね。