IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎、クローン病と共に歩む

IBD患者さんのためのたべものガイド

食事を工夫しよう

おなかに優しいおいしいレシピ
ツイート SHARE ラインで送る レシピを印刷する トイレ検索

滑らかな舌ざわりの冷製デザート 豆乳ババロア

豆乳ババロア
栄養士のおすすめポイント

ババロアは牛乳や泡立てた生クリームで作るデザートですが、脂質を抑えるために、調整豆乳や低脂肪ヨーグルトを使用しました。

栄養価(1人分)

エネルギー 89kcal たんぱく質 4.3g
脂質 1.6g 炭水化物 14.9g
糖質 14.7g 食物繊維 0.2g
食塩相当量 0.1g    

材料(2人分) 使用量

ババロア
 
 調整豆乳
160㏄
 砂糖
40g
 低脂肪ヨーグルト
160㏄
 ゼラチン
4g
 水
24㏄
 レモン汁
4㏄
 バニラエッセンス
少々
トッピング
 
 イチゴ
適量
 オレンジ
適量
 キウイ
適量

手順

  • 水にゼラチンを入れふやかしておく。
  • トッピングのフルーツを小さくカットし、混ぜ合わせておく。
  • 鍋に調整豆乳と砂糖を加え、80℃くらいまで加熱し、レモン汁と低脂肪ヨーグルトを入れ混ぜる。
    ※80℃は、鍋に小さな泡がふつふつしてくるのが目安です。
  • ①を③にいれ、ゼラチンを完全に溶かし、粗熱をとり、バニラエッセンスを入れる。
  • ④を器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
  • ⑤に②を飾り、完成。

エームサービス株式会社からのコメント

ババロアは、滑らかな舌ざわりの冷製デザートで「バーバリアンクリーム」とも言われます。
本来、牛乳や泡立てた生クリームで作るデザートですが、脂質を抑える為に、調整豆乳や低脂肪ヨーグルトを使用し、さっぱりとしたデザートに仕立てました。フルーツ味の低脂肪ヨーグルトを使用すると、様々な色のババロアになるので、お好みでアレンジしてみてください。
※フルーツヨーグルトを使用する場合は、砂糖は半量にしましょう。

斎藤恵子先生のワンポイントアドバイス

ダマにならいように、ゼラチンは水に少しずつ振り入れましょう。また、沸騰すると固まる力が弱まるので、注意しましょう。