病院を探す

IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

スープジャーを活用すれば、あたたかい牛丼がお弁当に! ほっこり牛玉ねぎ丼

ほっこり牛玉ねぎ丼
栄養士のおすすめポイント

スープジャーを活用すれば、外出先やオフィスでもあたたかい牛丼をランチで楽しめます。おうちから作って持っていけば、気になる脂質の量も安心です。牛肉は赤身を使っているので脂質もおさえられているレシピです。

栄養価(1人分)

エネルギー 397kcal たんぱく質 14.9g
脂質 9.2g 炭水化物 58.5g
コレステロール 37mg 食塩相当量 2.2g
食物繊維 1.2g カリウム 349mg
カルシウム 23mg マグネシウム 35mg
リン 170mg 1.8mg
亜鉛 3.1mg ビタミンA 0.0µg
ビタミンE 0.1mg ビタミンB1 0.10mg
ビタミンB2 0.15mg ビタミンB6 0.30mg
ビタミンB12 0.8µg 葉酸 19µg
ビタミンC 4mg ビタミンD 0.0µg

材料(2人分) 使用量

牛肉もも赤身薄切り肉
100g
玉ねぎ
80g
ごま油
小さじ1/2 (2g)
A砂糖
小さじ1と1/3 (4g)
Aしょうゆ
大さじ1と1/3 (24g)
A酒
大さじ2/3 (10g)
Aみりん
大さじ2/3 (12g)
Aだし汁
120ml
ごはん
260g
紅しょうが
10g
※レシピの量、時間は約300mlのスープジャー、一回分の目安です。

手順

  • 牛肉は食べやすい大きさに切ります。玉ねぎはくし型切りにします。
  • 小さい鍋にごま油を熱して、玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透き通ってきたら、Aを加えます。
  • 3がひと煮立ちしたら、牛肉をほぐしながら入れます。さらに煮汁が少なくなるまで煮ます。おなかにやさしいレシピ:ほっこり・牛玉ねぎ丼
  • 空のスープジャーに熱湯を入れて蓋をします。5分ほどおいたら、中の湯を捨てます。(こうすることで保温効果が高まります)おなかにやさしいレシピ:ほっこり・牛玉ねぎ丼
  • 4に温かいご飯を詰めて、3と紅しょうがを入れて蓋をしたら完成です。
    ※紅しょうがは体調に合わせて調整してください。
レシピトップ
IBDと歩む In Their Shoes 炎症性腸疾患の患者さんに寄り添う社会を目指して
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る