病院を探す

IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

お刺身をのせた「江戸前ちらし寿司」に、ひと工夫で栄養面もしっかり 漬けまぐろと香り野菜のお手軽ちらし

漬けまぐろと香り野菜のお手軽ちらし
栄養士のおすすめポイント

お刺身をのせた「江戸前ちらし寿司」に、ひと工夫で栄養面もしっかり。良質なたんぱく質の他に、骨の健康に大切なビタミンB6やビタミンDが一緒に摂れる一皿です。

栄養価(1人分)

エネルギー 374 kcal たんぱく質 21.5 g
脂質 1.3 g 炭水化物 65.9 g
食物繊維 2.0 g 食塩相当量 1.6 g
カリウム 521 mg カルシウム 24 mg
マグネシウム 51 mg リン 291 mg
2.3 mg 亜鉛 1.6 mg
ビタミンA 31 µg ビタミンE 0.9 mg
ビタミンB1 0.15 mg ビタミンB2 0.13 mg
ビタミンB6 0.90 mg ビタミンB12 1.8 µg
葉酸 39 µg ビタミンC 5 mg
ビタミンD 3.0 µg コレステロール 37 mg

材料(2人分) 使用量

まぐろ(赤身)
140 g
Aしょうゆ
大さじ2/3 (12 g)
Aみりん
小さじ1 (6 g)
A酒
小さじ1 (5 g)
B米
1合(150 g)
Bしめじ
1/2パック強(60 g)
B水
160 ml
寿司酢
大さじ1と1/3 (20 g)
刻みのり
少々(1 g)
C青じそ
4枚(2 g)
Cみょうが
小2個(10 g)
Cスプラウト
1/2パック(10 g)
ごま
小さじ1/3 (1 g)

手順

  • まぐろはそぎ切りにしてビニール袋に入れ、混ぜ合わせたAを加えてしばらくおきます。(まぐろは刺身として売られているものを使うと簡単にできます。)おなかにやさしいレシピ:漬けまぐろと香り野菜のお手軽ちらし
  • Bの米は洗ってザルに上げて水けをきります。炊飯釜に米と1cm長さに切ったしめじ、分量の水を加えて炊きます。
  • Cの青じそとみょうがはせん切りにして水にさらし、水けを切ってスプラウトと混ぜ合わせます。おなかにやさしいレシピ:漬けまぐろと香り野菜のお手軽ちらし
  • 炊き上がったご飯に寿司酢を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。刻みのりを散らして1のまぐろを盛りつけ、3をのせてごまを振ります。
レシピトップ
IBDと歩む In Their Shoes 炎症性腸疾患の患者さんに寄り添う社会を目指して
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る