IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎、クローン病と共に歩む

IBD患者さんのためのたべものガイド

食事を工夫しよう

おなかに優しいおいしいレシピ
ツイート SHARE ラインで送る レシピを印刷する トイレ検索

トマトの酸味が、料理の程よいアクセントに あさりとプチトマトのガーリック蒸し

あさりとプチトマトのガーリック蒸し
栄養士のおすすめポイント

材料を入れてフライパンで蒸すだけ。素材のうま味が詰まったスープも美味。トマトの酸味が、料理の程よいアクセントにも。あさりは鉄分をはじめとするミネラルを含んでいます。

栄養価(1人分)

エネルギー 65 kcal たんぱく質 4.5 g
脂質 0.3 g 炭水化物 6.1 g
食物繊維 1.0 g 食塩相当量 1.3 g
カリウム 281 mg カルシウム 48 mg
マグネシウム 69 mg リン 74 mg
2.6 mg 亜鉛 0.8 mg
ビタミンA 50 µg ビタミンE 0.8 mg
ビタミンB1 0.06 mg ビタミンB2 0.13 mg
ビタミンB6 0.15 mg ビタミンB12 31.4 µg
葉酸 29 µg ビタミンC 20 mg
ビタミンD 0.0 µg コレステロール 24 mg

材料(2人分) 使用量

あさり
殻付き300g(可食部120 g)
にんにく(薄切り)
1片分(4 g)
ミニトマト
12個(120 g)
A 日本酒
1/4カップ(50 ml)
A 水
1/4カップ(50 ml)
パクチー(小口切り・お好みで)
少々(4 g)
粗びき黒こしょう
少々

手順

  • 浅めのバットにあさりを重ならないように入れ、塩分濃度3%くらいの塩水(分量外)を加えます。
  • バットはアルミホイルで蓋をします。そのまま常温で1時間程度置いて、あさりの砂抜きをし、流水でよく洗います。おなかにやさしいレシピ:あさりとプチトマトのガーリック蒸し
  • 冷たいフライパンにあさりとにんにく、ミニトマト、Aを入れます。おなかにやさしいレシピ:あさりとプチトマトのガーリック蒸し
  • 蓋をして、中火で蒸し焼きにします。あさりの口が開いたら、器に盛ってこしょうを振り、パクチーをのせて完成です。おなかにやさしいレシピ:あさりとプチトマトのガーリック蒸し