病院を探す

IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

たべものガイド

IBD(炎症性腸疾患)患者さんに外出する楽しみを
おでかけメニュー

オススメは中華や洋食よりも和食を選ぶのがポイント。
IBD(炎症性腸疾患)患者さんへオススメの安心・定番のおでかけメニュー

栄養士からのワンポイントアドバイス

最近の外食チェーン店はメニューの栄養表示がされていることが多いので、事前にインターネットで確認しておくと安心です。メニューは中華や洋食といったものよりも、和食を選ぶのがポイント。和食も、蒸し物・煮物・焼き物を選ぶようにしましょう。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)患者さんへ
おすすめしたい外食メニュー❶
手作り豆腐と野菜のとろとろ煮定食

手作り豆腐と野菜のとろとろ煮定食
このメニューのポイント

豆腐は消化が良いため、IBD患者さんにおすすめの食材です。また、野菜は柔らかく煮込んでトロトロになっているため消化が良く、胃腸への負担も少ないメニューになっています。

栄養価(1人分)

エネルギー 538kcal 脂質 9.7g

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)患者さんへ
おすすめしたい外食メニュー❷
かま玉うどん

かま玉うどん
このメニューのポイント

うどんは脂質が少ないため、IBD患者さんの中でも非常によく知られているおすすめの食品です。うどんの麺だけより、たまごが入ることで栄養バランスがとれるため、かま玉うどんは安心の定番・外食メニューです。

栄養価(1人分)

エネルギー 598kcal 脂質 6.9g

おすすめのおでかけメニュー 〜外食メニュー編〜

おすすめのおでかけメニュー ~お弁当編~

外食で不安を感じる方は下記メニューを参考に用意しておでかけしてみてはいかがでしょうか?
IBDと歩む In Their Shoes 炎症性腸疾患の患者さんに寄り添う社会を目指して
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る